本文へスキップ
HOME 医療 介護 鍼灸 病児保育 保育 地図・その他



概要


●鍼灸治療とは●

東洋医学では

「病気を診るのではなく病人を診る。病気を治すのではなく病を治す。」

と言われています。

何故胃炎になっているのか? 腹痛がおきているのか?
という原因を考えます。

そのため、

生活リズムや食事・睡眠・心のケアができているかなど、
問診を密にし更に、東洋医学の診察として、
舌の状態・腹部の状態・脈の状態を診させてもらっています。
これらの総合診察の結果、
原因は○○であるといったことが分かります。






TOPへ


特長


●東洋医学の考え方に基づき、つらい症状の改善はもちろん、
その症状の原因が何かを探り、根本からの治療を行っていきます●



例えば・・・

腰の痛みでご来院される患者様がたくさんおられます。

腰の痛みには・・・

ぎっくり腰・関節性腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症
などがあります。

また東洋医学では、腰痛と内蔵は深いつながりがあるとされ、
内蔵は骨や筋肉を育てるために切っても切れない存在で
あると考えます。それ故に、患者様の症状やお身体の状態により
痛みの原因を導き出し治療をしています。

皆様の ”かかりつけ院” として、しっかりとお話しを伺いながら

患者様と共に症状の改善に向け治療をすすめさせていただきます。





●内科クリニックの関連施設です●

クリニックの内科・小児科・リハビリテーション科との連携を持ち、東洋医学・
西洋医学の両面から病態を診させていただいております。

医療機関併設の鍼灸院ですので、医師との連携を図り、
患者様の検査データなど治療を決めていくことができます。
そのため科学的根拠に基づいた治療や、必要に応じて
医療機関への受診をお勧めしています。




TOPへ


施術について

●問診●

慢性・急性に関わらず
主訴(一番辛い症状)・体質や生活習慣・嗜好・生活環境
など、たくさんの問診項目があります。
これは単に既往歴を知るだけではなく、東洋医学の観点から
お聞きして、どこに病の原因があるかを知る為です。
症状によっては生まれてから現在までの生活や出来事を
事細かくお聞きすることがあります。
内容によってはお話ししたくないと思われる事項もありますが
決して興味本位ではなくむしろ治療の上では肝心な部分と
なりますので、回復の為にご協力ください。
(初診は60分〜90分程度、2回目以降は簡単な問診含め
30〜40分程です)



患者様からお話を伺いながら治療を進めていく中で、
次のような治療効果を引き出し、患者様の症状の改善や
お身体の調子を整えていきます。
治療効果を高める為に、日々の生活上のアドバイスも
させていただきます。

 患者様自身の免疫力を高め、
身体の”気”の巡りを整え、
様々なストレスを軽減し、
身体をあたためていき、
症状の改善をしながら、
根本からの治療を行います。
 

●少数鍼●

当院では、最も細かく短い鍼を使用し、身体に優しい治療を
心掛けています。使用する鍼は、症状にもよりますが、
1〜3本でおさめることもあります。整骨院などで全身や
患部にたくさんの鍼を受けられてきた患者様にとって
物足りない、頼りないと不満に思われるかも知れませんが、
病の原因となっている根本にダイレクトに治療するやり方です。

分かりやすく説明しますと・・・
たくさんのお薬を一度に飲んだとします。
この場合、どの薬が効いたのか?・どの薬の副作用が出たのか?
薬の作用がはっきりしなくなってしまいます。
たくさんの鍼を使うと同じ現象が起きるからです


効果のある薬(鍼)の作用を最大限に引き出す為にも
少数鍼は有効となります。また、できるだけ短期間で
根本治療を提供する為、たとえ患者様からのご希望が
ありましても、治療率が低い多数鍼をすることは
ありません。それは、治療にならないからです。




●置鍼●

鍼を刺したままの状態でしばらく安静にして頂けます。
眠っていただくと治癒力が高まり、鍼の効果も
上がりますので、リラックスして下さい。




●養生法●

治療の度に患者様に生活習慣の改善や心の持ちようなど、
時にはかなり厳しい内容をお伝えします。
短期間に治療効果をあげる為、日常生活における
患者様の養生はとても大切になります。
もちろん、ご不明な点等、いつでもご相談下さい。




●小児鍼●

疳の虫・寝つきが悪い・イライラする など・・・

刺さない鍼を使用しますので、
痛みや苦痛の心配は全く
ありません。
ご自宅でもおうちの方が継続して
ケア出来るようご指導致します。


TOPへ


適応症

頭 : 偏頭痛・郡発性頭痛

耳鼻 : メニエール病・めまい・耳鳴り・鼻炎・花粉症

気管 : 原因不明の咳・気管支炎

婦人 : 産後の骨盤矯正・生理痛・生理不順

皮膚 : 日光蕁麻疹・アトピー・熱感かゆみ・湿疹

手足 : 巻き爪・爪の変色・外反母趾・しもやけ



アナフィラクトイド紫斑病・自律神経失調症・尿障害
ノイローゼ・糖尿病・高血圧・更年期障害などの
患者様への治療実績もございます。


これらの症状はもちろん、他にもお困りの症状が
ございましたら、お気軽にご相談下さい。




TOPへ


実例・患者様の声

●アナフィラクトイド紫斑病●

1回目 2回目 3回目




●慢性アレルギー
●花粉症(目・鼻)
●寝つきの悪さ
●膝の痛み ●足首の痛み ●免疫力アップ




TOPへ


保険・介護・保育


●保険治療も可能です●

医療機関より同意書を発行してもらうことで、
各種健康保険での鍼灸治療を受けることができます。

※同意書とは医師に鍼灸治療が必要であることを証明していただく書類のことです。
以下の症状については鍼灸治療は健康保険で適応されます。

1.神経痛 (部位はどこでも構いません)
2.リウマチ (関節の炎症)
3.頚腕症候群 (首から肩にかけての痛み・ひどい肩こり)
4.五十肩 (肩関節の痛み)

5.腰痛症 (慢性の腰痛・ぎっくり腰)
6.頸椎捻挫後遺症 (むち打ちなど)
7.その他
※他の症状の方でも保険が適応する場合がございますので、ご相談下さい。



●医療と介護の連携(訪問鍼灸治療)●

痛みや障害を抱えている方に対して患者様のご自宅又は老人ホームで
受けられる訪問鍼灸治療をおこなっております。
・寝たきりの方
・自力での歩行が困難な方
・慢性的な腰痛や膝痛でお悩みの方
・お体の不調を抱えている高齢者の方
・障害手帳をお持ちの方



●育児ママも安心! 保育園で一時保育●

鍼灸治療を受けたいが育児があるので行けない・・・という患者様のお悩みも解決!
治療中の間、森のくまさんでお子様を預かっていただくことができます!

ご希望の方は事前に当院へお電話して下さい。




TOPへ


スタッフ紹介


●大野 晃宏(院長)●

治療理念は・・・

病の症状にはたいてい複数が絡み合い、複雑になっています。
そのため心のバランスも含め総合的に考えて治療するので局部の治療
(直接患部に治療)はほとんど行わず、最も適した治療を行います。
また私の治療は鍼の本数、お灸の数はあまり多くは使用しません。
その理由は主に病の原因を根本の根本まで追求し、根源まで削られた原因から
様々な症状を芋づる式に治療していくのを目的としているからです。



●菰田 有加



TOPへ



住所・電話・アクセス


〒553−0004
 大阪市福島区玉川4丁目6-10-2階(エレベーター有)


 
【最寄駅】
JR環状線「野田」駅、地下鉄千日前線「玉川」駅 徒歩5分


 
【ご予約・TEL】
06-6445-3575

 【受付時間】

午前  8:30〜12:30
午後 15:30〜19:30
※完全予約制

 【休院日】

水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日


TOPへ





概要
特長
施術について
適応症
実例・患者様の声
保険・介護・保育
スタッフ紹介

住所・電話・アクセス